MEDICAL VISION CO. LTD
サイトマップ
メールでのお問い合わせ
株式会社メディカルビジョン 〒151-0066 東京都渋谷区西原3-20-3 紅谷ビルII
お問い合わせはこちらへ--->TEL:03-5478-0361  FAX:03-5478-9927
ホーム
業務案内
リクエスト
会社情報
リンク
研修医
看護系
患者様・一般向き
MR教育
サイトポリシーと個人情報保護
資料請求 見積請求 オーダーフォーム
製品情報
製品情報
研修医

注:医療従事者向けに制作しておりますので、一般の方のお申し込みはお断りする場合がございます。


NEW 研修医のための診察手順
10巻セット価格 \300,000(税抜き)
各巻 \30,000(税抜き)
DVD全10巻/日本語版
総監修: 北村 聖
東京大学大学院医学研究科附属 教育国際協力研究センター 教授
大滝純司
北海道大学 医学教育推進センター 教授/東京医科大学 総合診療科 兼任教授
研修医のための基本技能
後期研修で修得が最も困難とされる診察手順を、 第一線で活躍する臨床医が懇切丁寧に指導・解説する、
他に類のないDVDプログラム!


購入はこちら
メールオーダーフォーム
FAXオーダーフォーム
サンプル希望
患者の呈する症状と身体所見に基づき、鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得する。
特典映像「入院時スクリーニング診察の手順」(17分)を全巻に収録!/PDF資料付き
> 「1 発熱の診かた」 (26分) 好評発売中
監修:大滝純司 北海道大学医学教育推進センター 教授/
東京医科大学 総合診療科 兼任教授

発熱の診かたでは、発熱の基本診察の進め方、発熱の際に鑑別すべき疾患や病態、 検査の必要性と検査計画、そして、特殊な診察(直腸指診、陰嚢の触診)について解説します。
> 「2 頭痛の診かた」 (31分) 好評発売中
監修:大生 定義 立教学院診療所 所長/横浜市立大学 医学部 臨床教授
監修:山口滋紀 横浜市立市民病院 神経内科部長
頭痛の診かたでは、患者が診察室に入ってくる際の観察ポイント、医療面接、一般身体学的所見、神経学的所見、間欠性/反復性頭痛(徐々に始まる拍動性頭疼痛、突発性頭痛、電撃性激痛) 持続性の頭痛(頭重感、激痛、拍動性疼頭痛)などについて解説します。
> 「3 めまいの診かた」 (33分) 好評発売中
監修:大生 定義 立教学院診療所 所長/横浜市立大学 医学部 臨床教授
監修:城倉 健 横浜市立脳血管医療センター 神経内科部長
「めまい」には耳に原因がある末梢性めまい、脳に原因がある中枢性めまい、血圧に原因がある立ちくらみがあります。なかでも最も頻度の高い、末梢性めまいの良性発作性頭位めまい症(BPPV)を中心に解説します。
> 「4 悪心・嘔吐の診かた」 (31分) 好評発売中
監修:小山 弘 国立病院機構京都医療センター診療部長 総合内科科長
監修:大倉 敬之 (国立病院機構京都医療センター 総合内科
悪心,嘔吐は、救急外来や一般内科外来でよく遭遇する訴えの一つであり、その原因は多種多様で、診断には詳細な病歴聴取が重要ですが、中枢神経系の病変、内分泌学的緊急症など緊急の対応を要する疾患も含まれます。診察の流れに沿って解説します。
> 「5 胸痛の診かた」 (27分)  好評発売中
監修:平山陽示 東京医科大学病院 総合診療科 臨床教授
胸痛の診かたでは、全身の視診、バイタルサインのチェック、胸痛の問診(OPQRST問診)、緊急性のある胸痛、比較的初期に診断すべき疾患、 呼吸にともなう胸痛、心雑音、消化器系疾患由来の胸痛、胸壁由来の胸痛、胸痛を訴える場合がある疾患などについて解説します。
> 「6 動悸の診かた」 (24分) 好評発売中
監修:平山 陽示 東京医科大学病院 総合診療科 臨床教授
動悸の診かたでは、まず心原性の動悸を見つけ、緊急性の有無を評価します。次に比較的頻度の高い、甲状腺機能亢進症と貧血を見逃さず、それぞれ緊急性の有無を評価します。また、精神的な要因による動悸も多いことを忘れてはなりません。
> 「7 咳・痰の診かた」 (24分)  好評発売中
監修:川島 篤志 市立福知山市民病院 研究研修センター長・総合内科 医長
咳・痰の診かたでは、咳・痰の基本的な診察の進め方、鑑別すべき疾患や病態、検査の必要性と検査計画、 特殊な診察(長期臥床患者の診察、女性患者の前胸部の聴診)などについて解説します。
> 「8 呼吸困難の診かた」 (27分) 好評発売中
監修:川島 篤志 市立福知山市民病院 研究研修センター長・総合内科 医長
監修:片岡 祐  市立福知山市民病院 総合内科
呼吸困難を診る際には、低酸素血症をきたす、心臓や肺の疾患の有無の評価だけでなく、気道や胸郭の異常、体位による変化、呼吸中枢に影響する病態にも注意する必要があります。また心因的な背景も考慮した診察態度が医療者には求められます。
> 「9 腹痛の診かた」 (30分) 好評発売中
監修:小山 弘 国立病院機構京都医療センター診療部長 総合内科科長
監修:大倉 敬之 国立病院機構京都医療センター 総合内科
運動系(協調運動、歩行と姿勢を含む)、反射、感覚系、髄膜刺激徴候、神経学的診察のまとめにおける診察のポイントを押さえる。
> 「10 腰痛の診かた」 (29分) 好評発売中
監修:仲田 和正 (西伊豆病院 院長)
腰痛患者の診察ポイントについて、入室時の姿勢、レッドフラッグ(赤旗兆候)、原因疾患と身体所見、反射の覚えかたの順で解説します。要諦は、まず問診でレッドフラッグがないかを確認して重大疾患を否定することと、下肢神経症状の有無を確認することです。
研修医のための基本技能
全25巻セット価格 \750,000(税抜き)
各巻 \30,000(税抜き)
DVD全25巻/日本語版
総監修: 高久史麿
自治医科大学 学長
総監修協力: 北村 聖
東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授
総監修協力: 大滝純司
東京大学 医学教育国際協力研究センター 助教授
研修医のための基本技能
新医師臨床研修制度対応
ビジュアルプログラム
指導医が短期間で効率良く
研修指導するために!


購入はこちら
メールオーダーフォーム
FAXオーダーフォーム
サンプル希望
客観的臨床能力試験(OSCE)で要求される基本技能の理論と実際を網羅し、 臨床で役立つ診察・手技のポイントを解説した国内初のビジュアルプログラム!
全品にDVDチャプター表と評価に役立つチェックリストが付属しています。
> 「1 心肺蘇生法(緊急救命処置)」 (32分)
監修・指導: 坂本哲也(帝京大学医学部 救命救急センター 教授)
国際蘇生法協議会(ILCOR)が提唱する心肺蘇生法と心血管系疾患の緊急治療に対するガイドラインから成人に対するCPRとAED、そしてVF、PEA、心静止に対する緊急救命処置について解説する。
> 「2 医療面接の基本 含:精神科面接」 (30分)
監修・指導:丹羽真一(福島県立医科大学医学部 神経精神医学 教授)
医療面接を始める前に押えておくべきポイント、進め方、医療面接で大切なことについて解説する。またそれらに加えて、少し別の配慮が必要になる精神科における医療面接についても具体的に説明する。
> 「3 頭頸部の診察」 (39分)
監修・指導:大滝純司 (東京大学 医学教育国際協力研究センター 助教授)
研修医がプライマリーの診療において、最低限知っておくべき頭頸部の基本診察について解説する。
> 「4 胸部の診察 -呼吸器・循環器-」 (36分)
監修・指導:工藤翔二(日本医科大学 内科学第4 教授)
監修・指導:加藤貴雄(日本医科大学 内科学第1 教授)
胸部の診察では、診断のついていない患者に対して初めから呼吸器と循環器に分けるのではなく、必ず一つの領域として診ていくことが必要である。このプログラムでは、その点をふまえた上で、呼吸器と循環器それぞれの専門の診察技能を解説する。
> 「5 腹部の診察 付:胃管挿入」 (28分)
監修・指導:正田良介(国立国際医療センター 総合外来部長)
腹部の診察の手順、腹部の視診、聴診、打診、触診などの基本的診察技能、さらに直腸指診、胃管挿入の手技について解説する。
> 「6 四肢の診察 含:血圧測定」 (39分)
監修・指導:仲田和正(静岡県西伊豆病院 院長)
監修・指導:大滝純司(東京大学 医学教育国際協力研究センター 助教授)

多岐にわたる四肢の診察の中から、脈拍の触診、リンパ節の触診、肩関節および膝関節の痛みを訴える人の診察、そして血圧測定についてそれぞれポイントしぼって解説する。
> 「7 神経学的診察1」 (27分)
監修・指導:大石実(日本大学医学部練馬光が丘病院 神経内科 助教授)
神経学的診察の基礎、病歴の聴取、必要な診察器具、精神状態(高次脳機能を含む)、脳神経の診察のポイントを押さえる。
> 「8 神経学的診察2」 (32分)
監修・指導:大石実(日本大学医学部練馬光が丘病院 神経内科 助教授)
運動系(協調運動、歩行と姿勢を含む)、反射、感覚系、髄膜刺激徴候、神経学的診察のまとめにおける診察のポイントを押さえる。
> 「9 泌尿・生殖器の診察、直腸診、乳房の診察」 (31分)
赤座英之(泌尿器科領域監修:筑波大学臨床医学系泌尿器科 教授)
樋之津史郎(泌尿器科領域指導:筑波大学臨床医学系泌尿器科 講師)
北川浩明(婦人科領域監修・指導:社会保険中央総合病院 産婦人科部長)
馬場紀行(乳房領域監修・指導:東京共済病院乳腺外科 部長)
> 「10 小児の診察」 (25分)
監修・指導:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)
日常診察で頻繁に遭遇する小児の病気や病態に適切に対応できるよう、小児科医以外の医師にとって必要な小児プライマリ・ケア(3歳児)の基本的診察技能を解説する。
> 「11 産婦人科診察法と妊娠の管理」 (26分)
監修・指導:北川浩明(社会保険中央総合病院 産婦人科部長)
視診・触診・細胞診・膣診などの産婦人科診察法と産婦人科における臨床検査、妊娠の管理について解説する。
> 「12 分娩・新生児の診察と管理」  (31分)
監修・指導:北川浩明(社会保険中央総合病院 産婦人科部長)
分娩各期の管理、腹式帝王切開術、正常産褥の管理、新生児の診察と管理について解説する。
> 「13 精神科疾患の診断と治療計画」  (36分)
監修・指導:丹羽真一(福島県立医科大学医学部 神経精神医学 教授)
監修・指導:保坂隆 (東海大学医学部 専門診療学系 精神科学 教授)

精神科以外の診療においてよく見られる精神疾患を取り上げ、その診断の方法と、標準的な診断計画の立て方について学ぶ。
> 「14 サイコセラピーと薬物療法」 (37分)
監修・指導:丹羽真一(福島県立医科大学医学部 神経精神医学 教授)
監修・指導:飯森眞喜雄(東京医科大学 精神医学教室 教授)
監修・指導:染矢俊幸(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 教授)

精神疾患の治療を支えるサイコセラピーと薬物療法の基本について解説するとともに、第13巻で取り上げた症例の薬物療法について具体的に解説する。
> 「15 臨床検査1」  (22分)
監修・指導:北村聖(東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授)
基本的な臨床検査として中間尿、便、喀痰といった検体の採取の仕方、そして血液も含めたそれぞれの基本的な検査法について解説する。
> 「16 臨床検査2 含:画像診断」  (32分)
監修・指導:北村聖(東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授)
肺機能検査、心電図検査、心臓超音波検査、腹部超音波検査について解説する。
> 「17 採血・注射」 (29分)
監修・指導:北村聖(東京大学 医学教育国際協力研究センター 教授)
静脈血採血と動脈血採血の手技とコツ、皮内・皮下・筋肉・静脈注射の適応と禁忌、実際の手技を解説する。
> 「18 末梢静脈路と中心静脈路の確保」 (24分)
監修:坂本哲也(帝京大学医学部 救命救急センター 教授)
指導:森村尚登(帝京大学医学部 救命救急センター)
指導:多河慶泰(帝京大学医学部 救命救急センター)

末梢静脈路の確保と右鎖骨下静脈穿刺による中心静脈路の確保について、実際の手技とそのポイントを解説する。
> 「19 導尿・尿道留置カテーテル・膀胱穿刺」 (18分)
監修:赤座英之(筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器) 教授)
指導:樋之津史郎(筑波大学医学専門学群 外科学(泌尿器) 講師)

男性と女性における導尿・尿道留置カテーテルの手技と注意点、膀胱穿刺の手技と注意点について解説する。
> 「20 腰椎穿刺・脳波・筋電図」 (32分)
監修・指導:大石実(日本大学医学部練馬光が丘病院 神経内科 助教授)
神経疾患の診断に用いる検査のうち、腰椎穿刺、脳波、筋電図について必要に応じて研修医が自分で検査を行い、その結果を正しく解釈できるように、重要なポイントを押さえる。基本的な検査に加えて、誘発電位検査、磁気刺激検査など最新の検査に関しても解説する。
> 「21 血算・血液像・骨髄穿刺・鏡検による骨髄所見」  (21分)
監修・指導:浦部晶夫(NTT関東病院 血液内科部長)
血算、血液塗抹標本の作製と末梢血の血液像、胸骨と腸骨における骨髄穿刺の手技、鏡検による骨髄所見について解説する。
> 「22 外傷初期診療」 (28分)
監修:坂本哲也(帝京大学医学部 救命救急センター 教授)
指導:森本尚登(帝京大学医学部 救命救急センター)
指導:内田靖之(帝京大学医学部 救命救急センター)

外傷初期診療ガイドラインに基づき、外傷初期診療の考え方、Primary surveyと蘇生、早期転送の判断、Secondary surveyなどについて解説する。
> 「23 胸腔穿刺・胸腔ドレナージ・腹腔穿刺」  (29分)
監修:坂本哲也(帝京大学医学部 救命救急センター 教授)
指導:内田靖之(帝京大学医学部 救命救急センター)

胸水貯留症例に対しての検体採取・排液、自然気胸に対する脱気、外傷患者に対する胸腔ドレーン挿入、緊張性気胸の診断と胸腔穿刺、そして腹腔穿刺について解説する。
> 「24 創傷と熱傷の処置 含:止血・縫合法」  (25分)
監修:坂本哲也(帝京大学医学部 救命救急センター 教授)
指導:池田弘人(帝京大学医学部 救命救急センター)

創傷と熱傷の処置について、熱傷の評価、局所麻酔、洗浄・デブリードマン、止血・縫合、創傷と熱傷の保護などについて解説する。
> 「25 脱臼・骨折」 (27分)
監修・指導:仲田和正(静岡県西伊豆病院 院長)
脱臼・骨折の整復と固定、足首の捻挫・骨折、下腿骨骨折、大腿骨骨折、股関節脱臼、上腕骨の脱臼・骨折などについて解説する。
ページトップ
資料請求 見積請求 オーダーフォーム
Medical Vision Co.,LTD